NEWS & TOPICSニュース&トピックス

COLUMN

新卒入社、1年間を振り返ってみた。

こんにちは!2020年入社の山本です。
入社前に『入社を決めた理由』についてコラムを書きました。

それからあっという間に時間が経ち、2年目に突入しました。
もう 先輩 になってしまったことに驚きが隠せません…(笑)

さて!今回は入社前のイメージと今の空気感とのギャップや、
実際に1年働いてみてわかったことについて、赤裸々にお伝えするコラムです。

1 入社の決め手は実際入ってみてどうだった?
2 働いてみないとわからないことってある?

この2テーマでお伝えします!


 

■入社の決め手は実際入ってみてどうだった?

以前のコラムで「入社を決めた3つの理由」を書きました。
1.私服勤務ができること
2.自由であること
3.受け入れてくれたこと

実際に入ってみてどうだったのかを振り返ってみます。

1.私服勤務ができること
1年前からギャップは… まったくない!!!

社内プロジェクトと社外プロジェクト、どちらも経験しましたが、どちらも私服でした。
社外の場合は、その会社の規定に合わせることになりますが、
私が行った先は私服OKだったので社内と変わりません。

前回のコラムで実際の私服写真を載せているので
「私服OKってどこまでOKなの?」と思う方はぜひ覗いてみてくださいね。

>>> 元就活生から就活が嫌な就活生へ <<<

2.自由であること
これは… 良い意味でギャップあり!

入社前「それなりに自由」くらいに思っていましたが。思っていたよりも自由。
やりたいことや意見は伝える方が良い!という雰囲気があります。

実際に、私はこの1年間で、自分の要望が2つ叶いました。
1つは、この採用チームに入ること。
もう1つは、研修・勉強期間中にやってみたい勉強をさせてもらえたこと。

「やりたい!」というチャレンジ精神、ウェルカムです♪
私自身もこれから先輩になるにあたって、チャレンジ精神のある後輩には
どんどん協力したい!と思っています。

3.受け入れてくれたこと
ギャップ… なし!

ISIの面接では『未来プレゼン』という選考があります。
自分のこれからについて、ISIの偉い人たちにプレゼンするのですが、
私は見栄えの良いパワポも作らず、読み応えのあるワードも作らず、
準備したスケッチブックを持っていき、フリップ芸人みたいなプレゼンをしました。

せっかくやるなら印象勝負してしまえ!と思っての行動でした。
もちろん、内容は真面目なことを書きましたよ!笑

これが理由で落とされるなら、きっと肌に合わないだろうな~くらいのつもりでしたが、
内定をもらってどこかホッとしたことも覚えています。

そんなことをしても受け入れてくれる会社、その雰囲気の印象はいまも変わりません。

しっかりコミュニケーションをとりながら教えてくれる先輩、
いつでも何でも言ってねと言ってくれる上司がいて、私にとっては良い環境です。

私もこんな先輩になれるよう頑張るぞ~!!


 

■働いてから知った事

働いてから知ることも、もちろんたくさんありました。
きっとどの企業に入っても感じることだと思うのですが、お伝えします!笑

1.思っていたよりも業務の幅が広い!
がっつりの開発だけでなく要件定義やシステム間のデータの移行もあるし、開発ひとつをとっても規模や期間は様々。
また案件に合わせたツールを使うので、いろんなツールを使います。

2.入社1年目は無敵!
入社1年目は分からないことがたくさんあって当たり前。

「1年目は分からないのが当たり前だから聞けばいい」
「新人が”なにが分からないか”が分からないから言ってくれるのはありがたい」

この1年間、たくさんこの言葉を聞きました。
「考えてから聞く」というのも大事ですが、分からなくても怒られません。1年目だから!笑
たくさん気兼ねなく聞いて、吸収してもらえばいいという環境です。

私は2年目になりましたが、それでもまだまだ若手ぺーぺーなので、
これからもたくさん聞いてたくさん吸収していきます。


 

コロナの状況下での就職活動、不安だと思います。
リモート面接のメリットはあるものの、会社の雰囲気が掴みづらいこともあるでしょう。
正直、採用する側もイレギュラーです。

だからこそ、文面でのやり取りやオンラインでの面談・面接等で
しっかりとコミュニケーションをとって、お互いに知って理解していければと思っています。

ISIではLINEを通じて採用活動しています!
エントリーだけではなく、気になることや知りたいこと、
説明会で聞き逃したことなんかも気軽に聞いてください!

興味がある方はぜひエントリーしてみてください。
お会いできるのを楽しみにしています!

NEWSトップ