MEMBER社員紹介

PROFILE

古川 栞梨2017年度入社 /
立命館大学

POLICY

コツコツカツコツ!中学生のときに塾で教えてもらった言葉です。特に新入社員は新しく学ぶことばかりなので、目の前のこと1つ1つをコツコツやっていくことが一番大事だと考えています。

VALUE働くということ

会社の第一印象と入社の決め手

就活で初めて本音を言えた会社

文系出身の私は、IT企業を全く考えていませんでした。就職活動中に縁があって前田社長とお話しさせて頂いた時に、「ITはサービス業」だと聞き、興味を持ちました。就職活動で何社も面接を受けましたが、前田社長との最終面接では初めて何も隠さず本音を言うことができました。内定を頂き、悩んだ期間もありましたが、本音を言えたことと、挑戦してみたい気持ちが決め手でした。

会社選びで大切にしていたこと

様々なことに挑戦ができ
成長できるかどうか
また、社員の方の人柄や
雰囲気が合うかどうか

一緒に働くのはどんな人が多い?

とにかく優しい人が多い

質問や相談をすると、アドバイスや指摘をしてくださいます。

入社後に感じた魅力

みっちり3か月の研修と
しっかり1年間のOJT

パソコンの使い方、プログラミングを知らない新入社員へのサポートは魅力的だと思います。3ヶ月間の社外研修では、プログラミングとデータベースの基礎を教えてもらえます。また、社外研修中は日報を提出し、先輩からのアドバイスをもらうことができます。研修後は3月末までOJT期間であり、トレーナーの先輩に仕事を教えてもらいながら、1つ1つ学んでいきます。

ACTIVE最高にアクティブであれ

業務でアクティブ!

未経験のプログラミングに向き合う

4月から6月の社外研修では、プログラミングのことを何も知らなかったのですが、内部実装に自ら挑戦しました。何も知らない状態からのスタートだったので、辛かったこともありましたが、辛かったからこそ身に付きました。

業務を飛び越えて、アクティブ!

飲み会で先輩社員の本音をGET!

バーベキューや部での飲み会には積極的に参加するようにしています。普段なかなか聞けないことも、先輩方から聞くことができるいい機会だと思っています。また、部の飲み会のお店を探したりしています。参加する人の好きなお酒の種類や席、値段などにはこだわるようにしています。

これからのアクティブな挑戦!

自ら学びたいという姿勢を忘れない

入社してから3年間は、「なんでもやる期」だと教えていただきました。どんな仕事でも、必ず学べることはあると思います。どんなプロジェクトに対しても、自ら学びたいという姿勢を忘れずにコツコツやっていきたいです。また、来年新入社員が入ってきたら、今私が先輩方から様々なことを教えて頂いているように、私も仕事の悩みや相談を聞いてあげられる先輩になりたいです。

MESSAGE伝えたいこと

選択肢を狭めず、広い視野を意識

もし私が、就職活動中に前田社長に出会えていなければ「IT = 理系」という思い込みによって、
勝手に選択肢を狭め、その中からご縁がある会社へ就職していたと思います。
私たちの仕事は、文系でも理系でも一人前になれる仕事です。
文系でも活躍できるようにサポートしてくれますよ!大切なのは、積極的で、仕事を通して成長したいと思っているかどうか。
みなさんもぜひ、選択肢を狭めず、広い視野を意識してみてください。